Home > 事業内容 > ヨウ素・かん水事業 > 事業概要

ヨウ素・かん水事業

ヨウ素

ガス事業に続く当社グループの事業の柱がヨウ素・かん水事業です。天然ガス採取のために地下から汲み上げたかん水から、世界的に貴重な資源であるヨウ素やヨウ素化合物を製造して販売しているほか、ヨウ素原料としてかん水の販売も行っております。

最先端分野にまで拡大する用途

ヨウ素の用途

ヨウ素の用途として、私たちの生活に身近なものでは、うがい薬やレントゲン造影剤、殺菌剤、防かび剤の原料等に使われ、その他では工業用触媒や農業分野でも使用されています。さらに最近では、液晶の偏光フィルム等のハイテク分野でも活用されています。

製品紹介ページはこちら

ヨウ素利用産業の育成、ヨウ素を通じた社会貢献

日本が世界において30%超の生産量を誇るヨウ素。しかし、残念なことに、学術面では、個別の研究分野における部分的な研究にとどまることが多く、産業面においても、原料として輸出し、加工された製品を輸入しているのが現状です。

そこで、この状況を打開すべく、ヨウ素利用研究の振興、利用産業の育成を目的として、平成10年6月に「ヨウ素利用研究会(平成19年7月にヨウ素学会に改称)」が産・学・官の協力により発足しました。同学会は、国際シンポジウムの開催、研究助成を行う等、精力的に活動を展開しています。当社も同学会の活動に積極的に参加し、ヨウ素の新たな可能性を追求しています。
また、当社は、ヨウ素欠乏による発育不全を防止するために、国際支援機関であるヨウ素欠乏症国際対策機構をはじめ、国連児童基金(UNICEF)・国際協力事業団(JICA)等に協力しています。

もっと知りたい!
ヨウ素について」ページ
かん水フルボ酸」ページ

ページトップへ