Home > 天然ガスについて > 採取から供給まで

採取から供給まで

  • 天然ガスとは
  • 天然ガスの歴史
  • 天然ガスの特性
  • 600年分の埋蔵量
  • 採取から供給まで
  • よくあるご質問

天然ガスの採取から供給まで

ガス井の掘さく

  • ガス井掘さくやぐら
    ガス井掘さくやぐら
  • ガス井掘さくイメージ図
    ガス井掘さくイメージ図
  • 掘管の先端に取り付けられ、地面を掘さくするビット
    掘管の先端に取り付けられ、
    地面を掘さくするビット

一般的なガス井では、ロータリー式さく井機を使用し、地中500~2,000メートル位の深さのガス層まで掘さくを行います。ここに孔明管(ケーシングパイプにガスとかん水を吸い上げる多数の孔をあけたもの)を挿入して掘さくが完了します。 さらに、地上にバルブ等の装置を設置して、ガス井の完成です。

ガスの採取

  • ガス井
    ガス井
  • ガス井断面図
    ガス井断面図
  • ガスリフト用コンプレッサー
    ガスリフト用コンプレッサー

ガスの採取には様々な方法がありますが、当社では、「ガスリフト方式」、「水中モーターポンプ方式」を採用しています。このうち最も多く活用されているのが、ガスリフト方式で、ガス井のケーシングパイプに地上のコンプレッサーハウスからガスを圧縮して送り込み、地層中のガスをかん水とともに地上に汲み上げる方法です。当社では、このガスリフトに独自の「外吹込管方式」を採用しています。

ガスとかん水の分離

  • セパレーター(分離槽)
    セパレーター(分離槽)
  • ガスとかん水の分離図
    ガスとかん水の分離図
  • ヨード工場
    ヨード工場

汲み上げられた天然ガスとかん水は、「セパレーター(分離槽) 」でそれぞれに分離されます。ガスについては、パイプラインを通じ、開発地区ごとに設置している「送ガス基地」に集められ、計量を経てパイプラインで供給先に送られます。その際、ガスの供給熱量が採取した天然ガスより高い供給先には、「熱量調整センター(増熱基地) 」においてガスの熱量アップを行っています。一方、かん水は送水管を通じてヨード工場へ送られ、ヨード製造の原料となります。ヨード分を取り去った廃かん水は、還元井から地中へ還元されたり、排水管を通じて海へ放流されます。

ガスの供給

  • ガスホルダー
    ガスホルダー
  • 熱量調整センター(増熱基地)
    熱量調整センター(増熱基地)
  • ご家庭へ
    ご家庭へ

ガスの用途は、大きく都市ガス用と工業用に分けられます。それぞれの用途に応じ、パイプラインを通じて、また圧縮天然ガスとしてボンベに詰められ、一般家庭をはじめ、公共施設、商業施設、工場等の産業分野へと幅広く供給されます。

もっと知りたい!
ガス事業」ページ
ヨードについて「ヨードの作り方」ページ

「よくあるご質問」へ進む

「600年分の埋蔵量」に戻る

ページトップへ