Home > ヨウ素について > ヨウ素の作り方

ヨウ素の作り方

  • ヨウ素とは
  • ヨウ素の用途
  • 原料と性質
  • 資源大国 ニッポン
  • ヨウ素の作り方
  • よくあるご質問

ヨウ素を作る2つの方法

追い出し法

ヨウ素の気化しやすい特性を利用した製造法で、高水温のかん水処理に適した製法です。まず、かん水中の砂や不純物を沈殿除去し、酸化剤を加えてヨウ素イオンをヨウ素分子に変化させます。次に、このかん水を、放散塔上部から散布すると、かん水中のヨウ素は空気中に気化します。そして、この空気を吸収塔へ吸引し、吸収剤と接触させることにより、ヨウ素を吸収、濃縮します。さいごに、このヨウ素吸収液に塩素を加えて結晶を析出させ、一度溶解したうえで精製し、製品とします。

追い出し法の製造工程

イオン交換樹脂法

かん水中の砂や不純物を沈殿・ろ過で取り除き、さらに酸化剤を加え、ヨウ素イオンをヨウ素分子に変化させます。次に、このかん水を、イオン交換樹脂を充填した吸着塔に送り、ヨウ素を吸着させます。そして、ヨウ素を十分に吸着した樹脂を抜き出し、溶離塔に移して亜硫酸溶液でヨウ素を溶離し、その溶離液に塩素を加えてヨウ素の結晶を析出します。最後に、結晶を一度溶融して精製し、製品とします。

イオン交換樹脂法の製造工程

もっと知りたい!
ヨウ素・かん水事業」ページ
天然ガスについて「採取から供給まで」ページ

「よくあるご質問」へ進む

「資源大国ニッポン」へ戻る

ページトップへ