Home > 関東天然瓦斯開発のココがポイント!!

関東天然瓦斯開発のココがポイント!!

当社をより深く簡単にご理解いただくために、ポイントを絞ってご紹介をしています。

関東天然瓦斯開発のココがポイント!!

関東天然瓦斯開発の特長

日本で最も歴史ある天然ガス事業会社

当社は、昭和6年5月に創業した、日本で最も歴史ある天然ガス事業会社です。
創業の地は現在の千葉県夷隅郡大多喜町で、創業時の社名は「大多喜天然瓦斯株式会社」でした。
その後、ガス販売部門を独立させ(現在の大多喜ガス株式会社)、昭和32年に「関東天然瓦斯開発株式会社」に社名変更しました。
創業期のガス井戸が猛噴する様子
創業期のガス井戸が猛噴する様子

天然ガスの開発から供給までをグループ内で一貫

当社の最大の特長は、天然ガスの開発・生産から、グループ会社で都市ガス会社である大多喜ガス株式会社を通じたガスの販売までを、グループ内で一貫して行っているところです。

関東天然瓦斯開発グループ

もっと知りたい!
会社概要」ページ
会社の歴史「沿革」ページ
事業内容」ページ
グループ会社」ページ

千葉県産の天然ガスで社会と環境保全に貢献

600年分の埋蔵量 日本最大の水溶性天然ガス田

天然ガス埋蔵地域

当社が開発している南関東ガス田は、千葉県を中心とする広大な水溶性天然ガス田であり、可採埋蔵量が3,685億m3にも達する、わが国最大の水溶性天然ガス田です。
当社鉱区における天然ガス可採埋蔵量は、約1,000億m3。現在の年間生産量で計算すると約600年分にもなります。(算定方法はJIS(M-1006-1992)の容積法による。)

効率的で環境に優しい千葉県産天然ガス

南関東ガス田から産出される天然ガスは、メタンが約99%を占め、一酸化炭素や硫黄分等をほとんど含まないクリーンエネルギーで、熱量が高く、きわめて効率的なエネルギーです。
また、天然ガスは、他の化石燃料に比べて燃焼時の二酸化炭素排出量が少ないため、地球温暖化防止のため期待が集まる、次世代を担うエネルギーです。

エネルギー別排出比較

千産千消(地産地消)のエネルギー

千産千消(地産地消)のエネルギー

当社グループが販売するガスは、家庭においては、調理や給湯・暖房等に使用され、快適な生活を支えるために幅広く利用されています。
また、商業用や工業用分野でも、燃料としての利用はもちろん、発電と冷暖房を同時に実現するコージェネレーションシステム等での利用が進んでいます。
そして、千葉県産の天然ガスが千葉県内で消費される、千産千消(地産地消)のエネルギーです

もっと知りたい!
ガス事業」ページ
天然ガスの特性」ページ
天然ガスとは」ページ
600年分の埋蔵量」ページ

用途が広がる有望な資源ヨウ素

千葉県は世界有数のヨウ素生産地

ヨウ素は、天然ガスと一緒に生産される地下水(かん水)に含まれている元素であり、当社は事業の第2の柱として、ヨウ素の生産を行っています。

ヨウ素は元素であるため、化学合成して作ることができない貴重な資源であり、日本のヨウ素生産量は、世界生産量の30%超を占めています。資源小国の日本ですが、ヨウ素については資源大国なのです。さらに日本の生産量の約80%は、千葉県にて生産されています。

主要なヨウ素生産国
主要なヨウ素生産国

用途が拡大する有望な資源

ヨウ素の用途として、私たちの生活に身近なものでは、うがい薬や殺菌剤の原料等に使われています。さらに最近では、液晶パネルの偏光フィルム等のハイテク分野でも活用されています。
ヨウ素は、用途が拡大している有望な資源です。

ヨウ素

ヨウ素

製品化されたヨウ素

製品化されたヨウ素

ヨウ素の用途
ヨウ素の用途
もっと知りたい!
ヨウ素・かん水事業」ページ
ヨウ素の用途」ページ
ヨウ素とは」ページ
資源大国ニッポン」ページ

ページトップへ